オーキッド作品展2015

こんにちは。9月上旬に、パソコン市民IT講座に在籍されている生徒様の、日頃の成果を展示する『オーキッド作品展2015』が開催されます。私のデジカメ講座でも写真作品の出品を進めております。お陰様で、出品教室(私の担当教室)と受け持つ生徒様が増え、さらには生徒様の写真レベルも確実に伸びてきております。生徒様の成長が実感として伝わって来る瞬間が、この役割の良いところであります。しかし、『気付いたら抜かれていた』...

デジカメライフのススメ

こんにちは。写真がフィルムからデジタルに変遷する中で、出力の方法も確実に変わってきました。写真と言えば紙(印画紙)にプリントが当たり前でしたが、デジタル化したことで、DPEショップには厳しい時代になりました。ブログやホームページへ掲載するのが最終形態という場合も増えました。インターネットの普及した今、フィルムの写真をわざわざデジタルデータに(取り込み作業)するくらいなら、最初からデジタルデータの状態で記...

コンパクトデジカメの特性2補足

こんにちは。夜景撮影は三脚を使って、フラッシュ発光禁止にするのが良いと申し上げましたが、フラッシュを発光させた場合はどうなるか?フラッシュは、1つ前に書いた通り、予備発光と本発光の合計2回光ります。夜景に対してフラッシュを使うと、本発光で必要な光の量を測るための予備発光の光が一切反射して帰ってきませんので、本発光では一番電池を食う『全力発光』をすることになります。また、フラッシュ使用時は、シャッタ...

コンパクトデジカメの特性2

フラッシュは、撮影場所が暗い場合と、被写体が暗い場合に発光する『補助光』です。フラッシュの類語に『ストロボ』と言うものもありますが、カメラ本体に内蔵されているものが『フラッシュ』。外付けするものを『ストロボ』と呼び分けています。内蔵型はカメラ本体から電気を供給しますが、外付け型はストロボ専用の電源を用いるので、本体電力低下による撮影枚数減少を気にすることなく撮影出来ます。コンパクトデジカメは、ほと...

コンパクトデジカメの特性1

『押せば撮れる』のデジカメ。コンパクトデジカメが、正にその通りの性能を備えています。1.ピンボケしにくいピント合わせは、オートフォーカス(AF)が当たり前の時代になりました。その性能も年々、顕著な発達をしています。コンパクトデジカメは、ユーザーのレベルに左右されず、画面上のどこかに、必ずピントが来るように出来ています。注意する点は、狙っていない場所にピントが来ていないか、必ず確認をしてください。悪く言え...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。