FC2ブログ

コンパクトデジカメの特性2補足

こんにちは。

夜景撮影は三脚を使って、フラッシュ発光禁止にするのが良いと申し上げましたが、フラッシュを発光させた場合はどうなるか?

フラッシュは、1つ前に書いた通り、予備発光と本発光の合計2回光ります。
夜景に対してフラッシュを使うと、本発光で必要な光の量を測るための予備発光の光が一切反射して帰ってきませんので、本発光では一番電池を食う『全力発光』をすることになります。また、フラッシュ使用時は、シャッター速度が1/60程度までしか遅くならないため、結果はかえって暗く写ることになります。

電池を食うだけでなく、結果もイマイチですので、夜景にフラッシュは無駄以外の何物でもないということになります。

たまたま、夜間に飛ぶコウモリや蛾が目の前を横切ってくれれば、フラッシュ光に当たって、写るかもしれませんが…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。