夏休みの自由課題向け ミルククラウン

大人は夏休みの宿題が無いと思いますが、デジカメのある現代にしかできない写真ネタです。
お子様がいらっしゃる方は自由課題用に、大きい方は、カメラがデジタルになった現代だからこそ、出来ることですので、今を楽しむということで、是非、挑戦してみてください。

今回のテーマは『ミルククラウン』です。

昨年度まで、私のデジカメ講座では、多くの大きい方に挑戦していただきましたが、
まず、写真の基本として、が必要です。夜間や外の天候が悪い日の暗い室内では、撮影に向いていません。これは、良く晴れた日のお昼過ぎ、暑さで外出が危険な時に、エアコンの効いた涼しい室内でお楽しみください。ちなみに屋外写真のベストタイムは、日の出から午前9時までが良い傾向にあります。

準備するもの:デジカメ(コンパクト、一眼、いずれも可)、ミニ三脚(卓上用みたいな奴)、縁に柄の入った皿、ドリンクヨーグルト、スポイト

1.晴れた日の窓際で、縁に柄の入った皿を置き、ドリンクヨーグルト(俗に言う飲むヨーグルト)をスポイトでポタポタ。1m以上の高さからの滴下を推奨します。

2.お皿の脇に影を作らない様にミニ三脚を付けたデジカメを設置します。お皿全体が写る様にズームを調整し、保存画質は最高、連写モードにします。フラッシュが発光禁止になっていることも確認します。お皿全体を写すのは、お皿中央の真っ白部分にはピントが合わないためです。

3.スポイトで垂らしつつ、連写で数撃ちゃ当たる戦法です。

予め、お皿にドリンクヨーグルトを入れておいてから垂らしても良いのですが、水深が1mm以上になると、跳ね返りが丸い形になりやすく、私的には残念な感じがします。まっさらな状態から垂らし始めても、やっているうちに溜まってきます。

DSCN3130 (2) (800x587)

コンパクトデジカメで撮ったものを、僅かにトリミング(外野を削っています)したものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント