FC2ブログ

逆光は勝利!!

こんにちは。

関東は梅雨入り前から暑かったですが、梅雨明けしたので『夏い暑』が到来していますね。



スマートフォンですが、逆光で撮りました。

逆光条件では、地面から伸びる建物や植物の撮影者側が影で黒くなります。
しかし、そこを真っ黒にしない方法と、真っ黒にする方法があります。

この写真では、撮る時に暗めに写るように設定しています。

撮影モードの全自動では、設定変更出来ないので、『全』ではない自動か、P(プログラムオート)モードにしてください。
その上で、
『+/-』と記述のあるボタンを押す。
もしくはMENUボタンを押し、撮影設定内から
露出補正(またはEVシフト)というボタンを押す。

そこで、-0.3~-2.0(-1/3~-2.0)を画面を見ながら調整します。
上の写真は-2.0です。
一眼レフでは、±5.0の範囲で調整が出来ますが、コンパクトでも±2.0ありますから、それで足りると思います。

この操作を一般的には露出補正と言います。

一般的な使い方としては、
黒いもの、暗い場所・物を撮る時はマイナス気味に、
白いもの・真冬のスキー場のような眩しい場所・物を撮る時はプラス気味に調整すると、目で見たそのままを写せます。

今回の様な太陽方向そのものを撮る場合のみ、思い切りマイナスにします。

自動は無難にやってはくれますが、限りなく完璧に近いものを目指すには、手動設定変更が欠かせません。

最後に、変更した露出補正(EVシフト)設定は、撮影直後に±0へ戻し忘れの無いよう、お気をつけください。

タイトルの『逆光は勝利!!』は、オリジナルビデオアニメ『究極超人あ~る』というアニメに出てきたセリフのひとつです。
フィルムの時代は、ちゃんと写るか不確実な逆光撮影はNGと叫ばれていましたが、現在はデジタルの時代ですので、失敗を恐れる理由は無くなりました。

自由大胆にチャレンジです。


↑自動に任せた場合


↑目で見たそのままに露出補正したもの


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。